MAPO堂

最終決定は存在しない。

探偵ガリレオ

[本] 容疑者Xの献身
映画化もされているみたいで、おもしろいと聞いたので、文庫を借りて読んでみました。
死亡時刻がなんか違うなあという気がしてはいたのですが、確かに盲点を突かれました。

本を読みながら、数学の証明問題を夢中になって解いていた中学時代が懐かしく感じられました。数学科行こうかなとかちょっと考えた時期もあったけれど、結局工学部にしたのも思い出した。それにしても大学で勉強した数学は何の役に立つのかよくわからなかったな。数学に限った話ではないけれど。

今度勉強するなら経済学がいいかなぁ。

最近は何故か手取りを超えている支出について考えています。東北周遊に行った事が原因なんだけど、ETC割引をちゃんと適用できていれば、とちょっと後悔しています。クレジットカード使い過ぎかな。家計簿つけてるからそんな事はないと思うけど。来月は節約しよう。

4167110121容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾
文藝春秋 2008-08-05

by G-Tools

広告を非表示にする