読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAPO堂

最終決定は存在しない。

ルーブル彫刻美術館

久々のエントリーです。

今日は、カエルのオーケストラがみられるという、
三重県ルーブル美術館に行ってきました。
メンバーは Karaage さんと Yotty さん。

まずは腹ごしらえ。
津市内の新玉亭といううなぎ屋さんに行ってきました。


うなぎ価格の高騰によって、ちょっと高めでしたが、なかなか良い味でした。
食べたのは写真の中丼。
ちなみに、7/27の土用の丑の日は休業だそうです。

腹もふくれたところで、ルーブル彫刻美術館を目指します。

カエルのオーケストラは寺と美術館の間にあるので、無料で見れました。
せっかく来たので、寺と美術館も行ってみました。
入場料は美術館が 1500 円、お寺も行ける共通チケットが 2000 円。
ホームページの割引券を使うと、200円引きです。

まずは美術館。
ルーブル美術館の姉妹館ということで、ミロのビーナスやハンムラビ法典ロゼッタストーンなど昔本場で見たようなものがたくさんありました。

それに混じって、というよりは、一番メインに千手観音。賽銭箱もしっかりおいてあったのはどうなんだろうか。





次はお寺。

入場すると干支を聞かれ、
・表に干支に合わせた不動明王の刻印、
・裏に般若心経の刻印
入りのコインが貰えます。お守りなので財布にしまっておいてくださいと言われますが。



どんどん進むと、日本中の寺を巡ったことに出来る部屋を歩かされます。
そこを抜けると、世界一の純金観音様(33m)が立っています。





他にもいろいろありますが省略です。
電車でも行けるみたいなので、どこか行きたい人はぜひどうぞ。

念願のカエルのオーケストラ!
指揮者多すぎ。







あとで調べたところフランスのルーブル美術館の入場料は10ユーロなので、
本家よりも高いです。。。
カエルのオーケストラだけでも行く価値ありかも。

写真まとめ
(Pinterestを活用してみました。Instagramだと流れていってしまう過去の写真をコルクボードの感覚でまとめて置けるのがいい気がします)

リンク
三重県のルーブル彫刻美術館
フランスのルーブル美術館

広告を非表示にする