MAPO堂

最終決定は存在しない。

コインチェックの仮想通貨の盗難事件

最近の、銀行の人員削減とフィンテック拡大の流れから、 自分もアーリーマジョリティー的にコインチェックの口座を開設したところだったので、 非常に気になる事件です。

www.nikkei.com

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

この本で読んだにわか知識しかないのでもう少し勉強する必要があるけど、こんな記載がありました。

ビットコインが盗まれる心配はないの?
(中略)
結論からいうと、現状ではまずあり得ません。取引所にはお客さまから預かっているビットコインがプールされているわけですが、これを盗まれるということは、取引所にとっては死活問題ですから、何重にもセキュリティをかけています。
まず、お客さまからの預かり資産をすべてオンライン上に置いているわけではありません。
(以下略)
(いまさら聞けない ビットコインブロックチェーン, ディスカヴァー・トゥエンティワン, 大塚 雄介)

文字通り、死活問題が発生したということ。 ビットコインと今回盗まれたXEM(NEM)は違う仮想通貨だから、違うのか。 資金移動の履歴がすべて残るから事実上盗難ができないのがメリットじゃなかったけ?と、 よくわからないけれど、管理はイマイチな感じ。

こんな記事もあるので、追跡はできているのかな。

coinpost.jp

今のところ仮想通貨ってどんな感じかなーと様子見的に数万円しか預けていなかったので、懐的には返ってこなくても大した問題ではないけれど、 せっかく良さげな技術があるので、きちんと使って欲しいという思いで見守っておきます。

愛・地球博から13年、初めてサツキとメイの家におじゃましました

いつもモリコロパーク行った当日に空いてるかなーとというくらいで、だいたい満員で見れないのが常なのですが、正月の第1週は流石に空いていました。

ジブリ映画「となりのトトロ」に出てくる、あの家です

P1050117

外観

門は石柱に草壁さんの表札。たぶん正月だから門松がおいてありました。

P1050063

説明員おすすめのポイントからの撮影。なかなか人が多いのと時間制限もあり、撮影タイミングが難しいです。

P1050067

特徴的な鬼瓦。

P1050107

書斎

本がたくさん置いてあると気になってしまう性分なので、写真多め。

下駄がある。

P1050070

考古学者だったか。

P1050071

説明員はカレンダー推しまくるので撮影。窓ガラスがいい。日本古代史。農業。石とか浜とか土器とか。

P1050074

机周り。本多すぎ。

P1050078

P1050118

P1050119

P1050120

家の中からは右奥の紐があるところまで入れます。

P1050121

台所

奥は風呂。

P1050127

流しは手で動かすポンプ、本当に水出ます。釜が2つ。ここに鏡餅が。

P1050128

台所は整頓されている。

P1050129

勝手口の外には井戸。ここも水が出ます。

P1050133

自転車もありました。

P1050132

縁側と床下

下が気になる。

P1050122

この下も。

P1050081

これは特に、

P1050094

気になるよね〜

P1050087

どんぐり発見。なぜこんなところに。

P1050092

バス停

何故か家のすぐ前にバス停があります。これだけ近いと便利。池も近くにあります。

P1050066

観覧について

遠方から来られる方は予約しないと見れない可能性高いのでご注意を。

www.aichi-koen.com

P1050137

ルール変わるかもしれませんが、以下が注意点でした。

  • 予約か当日券を買って、時間厳守です。
  • 見れる時間は30分(外15分、家の中15分と言われますが、このへんは適当)
  • 写真撮影は家の中からは不可(狭くて他の人が移動できなくなるため)。外から家の中の撮影は可。
  • 家の中の小物はだいたい触って良い。
  • 2階は上がれませんでした。まっくろくろすけの穴は見れず。

まとめ

映画を見せて、子供を連れてくると大興奮間違いないです。 直前に映画を見てから来ると説明員の方に質問できていいかも。

人間観察の賜物。モーム傑作選

以前読んだモームの「月と六ペンス」が結構面白かったので、他の本も買ってみました。

結論としては、さらにおもしろかった。

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

傑作選というだけあって、どの短編もおもしろかったのですが、「ジェイン」という短編の中の一節を紹介します。

「(前略)でもそのうちわかってきたの。これは、あたしがほんとのことをいうからだって。ほら、ほんとのことをいう人って、ほとんどいないじゃない。だからおかしくきこえるのよ。そのうちだれかがそれに気づく日がやってくる。そうすると、みんながいつもほんとのことばかりいうようになる、そうなったら、ほんとのことだって、ちっともおかしくなくなっちゃうわ」

「じゃあ、なんで、わたしだけがそれをおかしいと思わないのかしら?」ミセス・タワーがきいた。

(中略)

「それは、お姉さまが、ほんとのことをいわれても、ほんとだってわからないからじゃない?」ジェインはいつもの、ほがらかで、やさしい口調でいった。

まさに真実をついていて、ミセス・タワーは何もいえなかった。ジェインの言葉は常に、真実をついている。じつにまれなユーモアのセンスのある人だと思う。

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫) , サマセット モーム (著), William Somerset Maugham (原著), 金原 瑞人 (翻訳)

過去の記事

mapodou.hatenablog.com