MAPO堂

最終決定は存在しない。

「緊急事態は戦争と同じくらい劇的だが、戦争とは本質的に異なっておる」

世界大戦のような戦争に例えることに違和感を感じていたところに、良さそうな記事にたどり着いたので記録。

一時は全文が公開されていたようですが、終了しています。

www.hayakawabooks.com

www.hayakawabooks.com

上記リンク先の記事より抜粋。

 このところ、「戦争」という言葉がますます頻繁に用いられるようになってきた。フランスのマクロン大統領が全国民に対する声明で使い、政治家にジャーナリスト、コメンテイターが繰り返し使い、医師まで用いるようになっている。「これは戦争だ」「戦時のようなものだ」「戦いに備えよう」といった具合に。だがそれは違う。僕らは戦争をしているわけではない。僕らは公衆衛生上の緊急事態のまっただなかにいる。まもなく社会・経済的な緊急事態も訪れるだろう。今度の緊急事態は戦争と同じくらい劇的だが、戦争とは本質的に異なっており、あくまで別物として対処すべき危機だ。

 今、戦争を語るのは、言ってみれば恣意的な言葉選びを利用した詐欺だ。少なくとも僕らにとっては完全に新しい事態を、そう言われれば、こちらもよく知っているような気になってしまうほかのもののせいして誤魔化そうとする詐欺の、新たな手口なのだ。

元の本はコチラ。読んでみようかな。

コロナの時代の僕ら

コロナの時代の僕ら

365日のシンプルライフ。仮想実践編(1/52週)

はじめに

この前以下の映画を日記ブログに残したのですが、これを実践するのは難しいので、 頭の中で妄想していくことにします。

mapodou.hatenablog.com

毎日更新するのは大変なので、毎週7個ずつ決めていこうかと思います。

Week 1, Days 1-7.

住居(新築引き渡し状態を想定しよう。照明あり、カーテンなし。)はあるものとします。

食事(食べてなくなるもの)も湧いてくるものとします。

まずは衣服ですかね。

f:id:matty0102:20200531222306p:plain (https://www.g-star.com/)

  1. デニムのズボン:まずは不審者にならないために。
  2. Tシャツ:上半身裸もまずいですよね。
  3. スニーカー:裸足は辛い。
  4. マットレス:寝ると体が痛くなるので。
  5. タオルケット:Tシャツ一枚では、風邪ひきます。
  6. 箸:食事するのに手づかみは辛い
  7. タオル:汗拭き、おしぼりなど、用途いろいろ

パンツとシャツはなくてもいいかもしれない。 暖かくなってきたので、靴下もいらないかな。

来週何が必要になりそうか?

衣服を、洗濯したくなってきますね。歯磨きもしたいか。お尻も拭けてないです。

いつまで続くかわかりませんけどね。また来週。

フィンランド式シンプルライフ映画

Stay at Homeで、家の片付けをしていたせいか、こんな映画に興味を持ってしまいました。

毎日毎日片付けても片付けても散らかされるので、捨て続けるしか無いのですが、「捨てていい?」と聞くと決まって「ダメ!」となるので、ヨーグルトのカップティッシュの箱、卵のパック、トイレットペーパの芯、買いすぎ・貰いすぎたおもちゃ、割れて不揃いになった食器など、なかなか捨てられないのが、我が家の現状です。

365日のシンプルライフ(字幕版)

365日のシンプルライフ(字幕版)

  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: Prime Video

家の中に溢れかえるモノから、必要なものを選び出す一つの方法を示したドキュメンタリー映画を見ました。

4つのルール

f:id:matty0102:20200517074326g:plain

映画の感想

断捨(すてる)離で捨てていくのとは逆方向の発想。

必要なものを吟味しながら選んでいく、断拾(ひろう)離かな。ダンジツリ?語呂が悪い。

考え方としては面白いですが、0(裸)からスタートは現実的ではないので、映画向けかな。

衣食住の、衣と住はモノにカウントされていますが、食はノーカウントみたい。

中盤で、友人との連絡のために携帯電話を持つか迷うシーンがあります。 何故かそのシーンではMacbookでメールを読んで友人が家の前に来たことを連絡取っていたり。

とまあ、いろいろツッコミどころ多い感じではあります。

「生活はモノでできてはいない」

という主人公のお婆さんの言葉がキーワードと思われる。

「生活に必要なモノは100個  その次に必要な100個は生活を楽しむモノ」

というようなナレーションもあったり。

独身時代はそんなものだけど、友達・彼女・家族と関係者が増えてくると、結局たくさんのモノがある部屋になっていっているようです。

エンドロールにリストが出てくるのですが、フィンランド語かな?

映画の中でも結構まとめて増えていくので気になるのですが、さっぱりわからず。

翻訳されたリストがあれば見てみたい気もしますが、 大事なのは具体的なもののリストと言うよりは、必要なものを自分で見極めていく過程ってことでしょうね。

これから一人暮らしを始める人が身近にいるなら、見ておいてもいいのかもしれない。

365日のシンプルライフ(字幕版)

365日のシンプルライフ(字幕版)

  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: Prime Video

365simple.net

ja.wikipedia.org